遷流寺の掛け軸

 遷流寺にある円珠尼について書かれた掛け軸と、読み下し文を紹介します。

掛け軸【1】

写真

読み下し文

 二条院御製なしくだしおかれるところ

 

 御諱(いみな)は守仁(もりひと)、後白河の長子、母は贈皇太后

 藤原懿子(よしこ)、贈太政大臣經實(つねざね)の女なり。

 保元三年十二月朔日御即位。元年であるという。

 天下を七年治め、永萬元年七月

 二十八日に崩御し給ふ。春秋(年齢)二十三才。

 

 

 上野(かみつけ)の 沼田の里に 圓(まどか)なる

 珠(たま)のありかを 誰か知るらん

 

 かみつけの 圓珠の里は

 川田ぞと たれかのべるも

 聞えいでにき

 

 

 石袋 圓珠前

 

 水まさる 利根の川辺の きのね沢

 石の袋に せき入りにける

 

 

 立田山

 

 立田山 紅葉を別けて 入る月は

 錦につつむ 鏡なりけり

 

 

 帰国の時

 

 磯の邊に すぐにぞたぐる 月かげを

 まどかになして 帰る国浪

 

 

 老後尼となりて

 

 人は多く 身のほどほどに 思いしれ

 露も重きは 落ちてぞたぐる

 

 

 於地蔵渕命終の時

 

 有漏無漏(うろむろ)の 界の渕に 跡たれて

 

 おもかげうつす にしき葉の露

掛け軸【2】

写真

読み下し文

 上毛野邦沼田之郷、後川田郷という。その頃は當所は中川田という。今は下川田村と号す。沼田山龍泉院川田寺月錦圓珠御前法尼は當所川田四郎の女也。

 保元の頃、天皇より養蚕の業にじゅくれんの者を選び、内裏に参ずべきの詔りありける。珠女その器になかり、又糸を縷(ろ)、機を織の玅術ある故に上洛し、参内して内侍に進み、養蚕の役局となり珠局と号す。又幼稚より和歌をよくし、之をもって天皇の御心にかなひける。

 この頃天皇難題を好みたまいて、国々に求めたまふ。その時新田義重石袋の題を奉り、謙譲未だ一斌□、さる時側に在人の曰く、義重は御所を恨み奉りて、此の題を棒(ぶ)く。これを謀叛の兆しと既に大事に及び、牟(む)しする時、殿下のお計らいにて、珠局は上毛野人也。先ず難題をあたへて試みむし。

 珠局に彼題を賜はる時、速(はや)けく石袋の和歌を詠ければ、御感ありて義重に珠之局を賜はるかの詔りありける。その時珠局、君の御心を龍田の紅葉によそえ鏡の歌を詠けり。時に御感斜(ばかり)ならずして、御製の御返を賜はる前の、御製是也。

 或人側に侍りて、奏して曰く珠の父、先年は沼田一円に領す。これを今、信重の徳実者にて川田のみ也。領せるを申す。この時圓珠とは珠局の名にあるべしとまた御製を賜はる。後の御製これ也。

 圓珠の志を御感のあまりに、圓珠前となしたまひ、后の御位に即して義重に賜ふ。義重先祖再建の御座の御所真庭政所の再建を願ひ、圓珠前をこの処に置て、四郎を越後守に任じ、両所の守護職に願ける。即勅許を蒙りて、帰國の時、淡海の湖にて磯の月の和歌を詠ける。

 保元五年五月の頃、叡岳慈源房のもとへ圓珠前より両所開門に付関白のたまへと申す。叡空名代として源空来臨す。両御殿ともに七日ずつの説法也。その法儀二巻あり。それより圓珠前御子達多くありき。

 その後義重命終わる。以後上洛して勢観房源智に随い出家得度す。

 それより諸国を廻流のこと十一年當所へ来り数年の内に薬師堂七宇追々造立し十王堂一宇を立て後に阿弥陀堂を立てこの処に住す。これ沼田山龍泉院川田寺と号す。

 川田家滅亡せし跡を立て、後壽年をへて圓珠御前、今年二百七才にて當所地蔵渕にをへて、すいていす。八月十六日辰の中刻也。渕鳴動することおよそ半日地響音雷の如し。遺骸伊久間あたり上りて、骸の上に長さ七寸ばかりの白蛇あり。見留人恐怖して心身をさく。その夜夢の告ありとも、あまり行よく合へり。教の如く、十七日伊久間の渕の上にて火葬し、十八日當所川田寺に葬りおわんぬ。

 

 洛陽於油小路

 九才児童藤原次麻呂書画倶誌

大意

 上毛の国、沼田の川田の里。その頃ここは中川田と呼ばれていましたが、今は下川田村と呼ばれています。沼田山龍泉院川田寺月錦圓珠御前法尼は、ここにいた川田四郎の娘です。

 保元(1156年から1158年まで)の頃、天皇(二条天皇【※1】)から、養蚕の技術に優れたものを、内裏(だいり:天皇が住んでいるところ)に来させるよう命令がありました。珠女(圓珠のこと)は養蚕の才能があり、また、糸から布を織る技術もあったため、上洛(じょうらく:京都に行くこと)し、参内(さんだい:京都に参上すること)して、内侍(ないし:天皇の身辺に奉仕した女官)となり、養蚕の役職に任命されて「珠局」と呼ばれました。また、幼い頃から和歌に優れていたので、天皇に気に入られていました。

 この頃、天皇は和歌の難しいお題を出すのが好きで、全国に送りました。新田義重【※2】は「石袋」のお題を与えられましたが、回答がありませんでした。ある人が「義重は天皇を恨んで、このお題を無視しているのではないか」と言ったところ、これは謀叛の兆しではないかと、大騒ぎになりましたが、天皇の気づかいで、珠局は(義重と同じ)上毛の国の者であるので、先にこのお題を出して試そうということになりました。

 珠局にそのお題を与えたところ、すぐに石袋の和歌を詠んだので、天皇は感心して、義重に、珠局を与えるよう命令しました。その時珠局は、天皇の心を龍田の紅葉に例えて、鏡の歌を詠みました。その時の天皇の感動は格別でした。御製(ぎょせい:天皇の作った和歌)の御返しをいただく前の、御製はこれです。

 ある人が天皇に「珠局の父は、以前は沼田一円を領土としていましたが、今は、信重の徳実者として、川田のみを領していることを申し上げます」と言いました。この時、「圓珠」とは珠局の名にあるべきであると、また御製をくださいました。後の御製はこれです。

 天皇は圓珠の気持ちに感動して「圓珠前」として后の位に即位させてから義重に与えました。義重は先祖再建の場所として、真庭政所の再建を願って、圓珠前をここに置いて、四郎を越後守に任じ、両所の守護職に就けさせるよう願いました。すぐに勅許をいただいて、帰国の時、淡海の湖にて磯の月の和歌を詠みました。

 保元5年5月の頃、叡岳慈源房【※3】のもとへ、圓珠前から、両所を開門せよとおっしゃいました。叡空の代わりとして源空【※4】がいらっしゃいました。両御殿ともに七日ずつの説法がありました。その法儀が二巻ありました。それから圓珠前には子供が多くありました。

 その後、義重が亡くなりました。以後上洛して勢観房源智【※5】に随い出家得度しました。

 それより諸国を11年間巡った後、川田に戻ってきて、数年の内に薬師堂七宇を次々に造立し、十王堂一宇を立て、後に阿弥陀堂を立てこの場所に住みました。ここを沼田山龍泉院川田寺と呼びました。

 川田家が滅亡した後、数年が経って、圓珠前は207歳になって、川田の地蔵渕で水定(自ら入水死することによって永遠の瞑想に入ること)しました。8月16日午前8時頃のこと、渕が鳴動することおよそ半日、地響は音雷のようでした。遺骸は伊久間あたりまで流れて、遺骸の上に長さ約七寸の白蛇がいました。見留けた人は恐怖して心身をさきました。その夜、夢ではっきりとしたお告げがあって、その教えのとおり、17日に伊久間の渕の上で火葬し、18日にこの川田寺に葬りました。

 

 

※1 二条天皇(にじょうてんのう、康治2年6月18日(1143年7月31日)-永万元年7月28日(1165年9月5日))は第78代天皇(在位:保元3年8月11日(1158年9月5日)-永万元年6月25日(1165年8月3日))。諱は守仁(もりひと)。

後白河天皇の第一皇子。母は、大炊御門経実の娘で、源有仁の養女・贈皇太后懿子。

 

 

※2 源 義重(みなもとのよししげ/新田 義重 にったよししげ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。新田氏の祖。武家の棟梁として名を馳せた八幡太郎義家の孫。新田氏本宗家(上野源氏)の初代であり、上野国新田荘を本拠としたため新田義重と称する。

 

 

※3 叡空(えいくう、生年不詳-治承3年4月2日(1179年5月10日))は平安時代後期の天台宗の僧。父は太政大臣藤原伊通とされるが定かではない。房号は慈眼房。

良忍から大乗戒をうけて密教・浄土教を学び、比叡山西塔黒谷に住した。「往生要集」の講義で学名高く、大乗戒律と密教についても比叡山第一の学僧と称され、大乗戒律では黒谷流の祖とされる。多くの公家に対し授戒の師となり、その中でも特に久我家とは師檀関係にあった。1150年(久安6年)には浄土宗の祖法然が入門し、天台教学・浄土教学を指導し、大乗戒を授けている。

 

 

※4 法然(ほうねん、長承2年(1133年)-建暦2年(1212年))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の日本の僧である。はじめ山門(比叡山)で天台宗の教学を学び、承安5年(1175年)、専ら阿弥陀仏の誓いを信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説き、のちに浄土宗の開祖と仰がれた。法然は房号で、諱は源空(げんくう)。幼名を勢至丸。通称は黒谷上人・吉水上人とも。

謚号は、慧光菩薩・華頂尊者・通明国師・天下上人無極道心者・光照大士である。

大師号は、500年遠忌の行なわれた正徳元年(1711年)以降、50年ごとに天皇より加謚され、平成23年(2011年)現在、円光大師・東漸大師・慧成大師・弘覚大師・慈教大師・明照大師・和順大師・法爾大師である。

『選択本願念仏集』(『選択集』)を著すなど、念仏を体系化したことにより、日本における称名念仏の元祖と称される。

浄土宗では、善導を高祖とし、法然を元祖と崇めている。

浄土真宗では、法然を七高僧の第七祖とし、法然上人・源空上人と称し、元祖と位置付ける。親鸞は、『正信念仏偈』や『高僧和讃』などにおいて、法然を「本師源空」や「源空聖人」と称し、師事できたことを生涯の喜びとした。

 

 

※5 勢観房源智(せいかんぼうげんち、寿永2年(1183年)-暦仁元年12月12日(1239年1月18日))は、鎌倉時代前期の浄土宗の僧。紫野門徒の祖。号は勢観房。妙法院法印、賀茂(かもの)上人ともいう。法然没後の京都における法然教団の維持に努めた。

 

 

人物の解説についてはウィキペディアを参考にしました。