『川田村誌』以外の説

後伏見院時代の円珠姫

 弘化5(1848)年に江戸で出版された『秀雅百人一首』では、円珠は沼田城主五郎家政の娘であり、活躍した年代は後伏見院時代(正和2(1313)年~文保2(1318)年)とされています。

 また、明治30(1897)年発行の『大八洲雑誌』という本のなかで、肥後の佐々豊永という人が投稿した「史談の圓珠尼の疑問」という記事によれば、熊本藩主細川侯爵家に仕えた沼田勘解由という人伝来の系図で、藤原姓沼田氏十三代の経家の妹に圓珠姫という人物がいたと紹介されています。経家は家政の子ですから、『秀雅百人一首』と同じことを言っているわけですね。

「円珠」は二人いた?

 沼田市出身で、生前は沼田市文化財調査委員のほか、多方面で活躍された岸大洞先生は、著書『沼田の歴史と文化財』のなかで、『川田村誌』が伝える正親町天皇時代の円珠、『秀雅百人一首』等が伝える後伏見院時代の円珠と、「円珠」と呼ばれる人物が二人いたという説を書かれています。

 そして、後伏見院時代の円珠は、遷流寺開山である龍泉院殿月錦円珠大法尼であり、嘉吉2(1442)年没の人物であるとしています。