『加澤記』沼田築城の事附家傳

本文

桓武天皇第五の皇子一品葛原親王に二人の御子有り、兄を高棟王と稱し、弟を高見王と名く、子孫は今の西洞院流是也。高見王の子息上總介高望王に始て平姓を賜り、子孫平氏として武家に下る。嫡孫清盛は惡行なりし故壽永元歴の間に頼朝卿興て門葉悉く滅ぴ平氏斷絶す。高望王の〈已下二行不見〉爲道三浦長門守と號す、爲道八代の孫三浦景泰、上州利根庄を領し 利根、薄根の兩川を前に當て沼田庄に構城郭住し給ふ。去れば沼田景泰とこそ申けり。沼田氏の元祖是なり。然〈已下闕文〉鎌倉北條九代之時分、諸國より大番役を勤たりと傳聞、其頃沼田八騎とて大番を勤られける。其人々には沼田上野介、発知薩摩守、久屋三河守、下沼田豊前守、岡谷平内、石墨孫三郎、小川河内守、川田四郎幸淸入道也。後醍醐天皇の御宇とぞ承る、大番役相勤ける賞として禁裡より拝領し給ひけるは、

沼田殿へは鞍鎧作り侯圖御免許、代々作の名人故後に居城を鞍内と云り。

発知殿へは龍田紅葉一本在所へ持参いたし植置、天神の社を建られける、依て其所を龍田といへり。

岡谷殿は岡谷村守護不入の御綸旨拝領。

下沼田殿は子息に真言宗の僧有により高野山北の坊淸淨心院を下沼田氏にて末代迄住持職の綸旨拝領、今の世まで下沼田氏にて續之來と云。

小川殿は馬燒金一本拝領す、いかなる病馬も此ヤキガネをあつれば本復奇妙の器物也。

久屋殿は鉈一挺是は何の木を伐らんと思しに此ナタを當れば。其儘倒れける器物也。

石墨殿は一年に二度花咲牡丹拝領也。

川田殿は一人の息女を持給ふ、其名を圓珠と里し歌人也。此歌を叡覧の願相叶、一首の歌を禁裡へ上る、

  龍田山 紅葉を分て 入る月は 錦につゝむ 鏡なりけり

此歌を叡覧有て

  かみつけや 沼田の里に まどかなる 玉の有とは たれかしらまし

と御製の御歌を被遊被下けると也。其頃天下不穩、諸國の國司下向也。上野國那渡郡へ後醍醐天皇第六の皇子成良親王征夷大將軍に任じて御下向也。其時沼田の守護には大友刑部太輔殿御下り有て川場の郷に座す。于今屋鋪跡有り、大友ぬし観音を御信仰に依て利根郡に三十三所の観音を建立あり、館より十五町程有ける山際に一宇の御堂を建て館より廊下をかけ参詣すと也。此處を別所と名くると也。又鎌倉より惠齋禅師を招請し給て青龍山吉祥寺を開基し給けり、御奥方も信心深く渡らせ給て大友ぬし逝去の後、青龍山境内に大智庵祐宗比丘尼とて行ひすましておはします。其頃如意庵に観世音を建て像の内へ佛舎利を籠られたり。則ち其像内に書付有り、文日

大日本國上州利根郡川場郷、青龍山吉祥寺境内之大智庵祐宗比丘尼、大友刑部太輔之御内也。安佛舎利於舎塔、二六時中勤行禮拝無間断、有時勘原吾命弗幾、後世真不具之者爲容易、如件思惟、而安修観世音摩訶薩埵之像、(覚堂曰、上文恐有誤脱乎)霊験猶如影隨形、一切所求速遄成就、衆生信進共成佛。應安三年上章閣茂夾鐘十五日、吉祥現住沙門大拙祖能襲記。

大日本國上野國利根庄青龍山吉祥寺如意庵、水晶兩壜如来舎利。安観世音菩薩摩訶薩埵像、其數百五十粒。伏願、此観世昔霊威如生、凡有所祷、如鏡現形、如谷答響、一々其所求、常皆圓滿。應安五年歳次壬子八月廿二日、吉祥沙門祖能謹誌。

(此處、闕文あり)景泰ヽ代孫上野介景康代に至り、長禄二戊寅年利根、薄根両川の落合の岸、當郡惣鎮守武尊明神宮社場、當國無双の地たるに依て社人ヽヽヽ宮ヽ高井但馬を招き城を築かん事を請給ふ。扨明神の社は根岸に御建立有て城郭に築給ふ。依て明神の社跡に大石を残し置き人民敬之けり。後に此石を指〆けがれければ、忽ち罰當ければ殺生石と世の人申あへり。

引用元

『加沢記 : 附・羽尾記』 出版者:上毛郷土史研究会

(国立国会図書館デジタルコレクションから)

※本書籍の著作権保護期間は満了しています。